看護職・看護学生のライフサポートマガジン

image

【ナースのためのビューティー講座】レッスン1:マスク姿でも優しく明るく見えるアイメーク③

1_3_1.jpg

マスク姿だと表情が見えにくくて、患者さんとうまくコミュニケーションができているか心配。今回は、そんなナースならではのお悩みに答えます。

「好印象アイメーク」のポイントはこの3つ。

  • アイカラー
  • マスカラ

【マスカラ】

一般的なアイメークといえば「アイカラー」+「マスカラ」+「アイライン」。でも全部を一生懸命やると濃くなりがち。なので今回は、アイラインは「引き算」して、マスカラの使い方で「足し算」する(アイラインはひかずにマスカラだけ使う)ことで、抜け感のある、きちんとメークに仕上げます。

 

①ビューラーでまつげを上げる

1_3_2.jpg
根元⇒中間⇒毛先 と少しずつビューラーをずらしながら上げていく。

check.gifビューラーでしっかりとカーブをつけていくと、マスカラの効果が高まります。

 

 

②根本から毛先に向かってゆっくりとマスカラをつける

1_3_3.jpg
病院での勤務を考えると、色はナチュラルなブラックがおススメ。コームをゆっくり動かすことで、ボリュームが出ます。

 

③乾く前に中間から毛先をはじくようにしてつける

2022.06.16_061_1500px.jpg
「サッサッサッ」とコームを動かすことで、今度は長さだけが出てきます。

 

④下まつげにもマスカラをつける

1_3_4.jpg
ボリュームを出すときはゆっくりと、長さをだすときは手早くつけましょう。 カーブをつけて長さを出すと、目をあけたときに毛先と根元が重なって見えて、自然なアイライン効果が出てきます。

 

⑤完成!

1_3_5.jpg

point.jpgアイラインは引き算して、その分、マスカラでカーブと長さを出す足し算をすると、抜け感はあるけど物足りない感はしない、適度なメークバランスになります。

 

取材協力:ポーラ

中岡さんが使ったアイテムはこちらB.A カラーズ アイマスカラ BK

 

【ナースのためのビューティー講座】

美容業界の最前線で活躍するポーラメークアップディレクター/新体操日本代表フェアリージャパンPOLA美容コーチの中岡弘喜さんが、看護師&看護学生のためのメーク&スキンケアの方法をコーチング!

PROFILE

POLA中岡さん中岡弘喜(なかおか・ひろき)

「ぜひメークやスキンケアを楽しみながら、看護師のお仕事を頑張ってください。応援してます」

メークの企画・監修・教育、メークショーやセミナーへの出演など、ポーラのメークのすべてに精通したディレクター兼アーティスト。雑誌からファッションショーバックステージでのメークに至るまで幅広く手掛け、国内外で活躍中。メークアイテムの企画開発にも携わる。

ページトップへ